失いかけた自信を取り戻すために…日本代表を救うのはフレッシュな最前線か

マリ戦で失った自信を取り戻すために…。ウクライナ戦はテストマッチ以上の価値を持つ。そのカギを握るのは?

中島翔哉(ポルティモネンセ)の劇的同点弾で1-1に追いつくのが精いっぱいだった23日のマリ戦(リエージュ)。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が後半途中から「タテに蹴れ蹴れ」と強引な指示を送ったことに何人かの選手が違和感を覚えるなど、チームは不穏な空気に包まれている。「この状況から早く抜け出したい」と長友佑都(ガラタサライ)は焦燥感をにじませたが、チーム全体が強い危機感を募らせていることは間違いない。

そうした中、日本代表は27日、ベルギー遠征ラストのウクライナ戦に挑むことになる。この試合で納得いく戦いができなければ、ロシア・ワールドカップ本番に向けて絶望感が漂う。これだけは回避すべく、内容ある結果を絶対に手にしなければならない。

■結果を求めるメンバー選考に

「相手が格上だと言われている中でトライしないといけない。勝利に飢えている」と話すハリルホジッチ監督も勝つためのメンバーを起用するはずだ。GKはもちろん川島永嗣(メス)。クラブでも最近の彼の安定感は頭ひとつ抜けている。苦境にひんする今こそ、日本代表には35歳の絶対的守護神の経験値が必要なのだ。

最終ラインは相手の高さを想定して植田直通(鹿島)の抜擢が濃厚となった。ウクライナにはアルテム・クラヴェツ(カイセリスポル)、21歳のアルテム・ベシェディン(ディナモ・キエフ)ら、185センチ超の大型FWが複数いる。彼らを封じるためには、日本人離れした身体能力と高さを誇る植田が不可欠だと指揮官は考えたのだろう。昨年12月の東アジアカップ(E-1選手権)では右サイドバックを主戦場にしていた彼だが、本職はご存じの通りセンターバック。「競り合いは大好物」と本人も言うように、高さでの勝負は得意中の得意だ。本大会を視野に入れても、ポーランドのロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)、セネガルの195センチのDFカリドゥ・クリバリー(ナポリ)ら長身選手が少なくない。リスタートの守備を考えても植田のようなタイプはやはり重要だ。今回は本当に彼が使えるか否かをチェックする絶好のチャンスと言っていい。

DF陣の並びは右から酒井高徳(ハンブルガーSV)、植田、槙野智章(浦和レッズ)、長友佑都(インテル)という形が有力。右サイドバックはケガから復帰し、前日練習でフルメニューをこなした遠藤航(浦和)を使う選択肢もあったが、ハリルホジッチ監督は無理をさせられないという判断を下した様子だ。彼らがマリ戦のような不用意なミスを犯さず、相手を零封すること。停滞感打破のためにはそこからスタートしなければならない。

中盤は大島僚太(川崎フロンターレ)が左ふくらはぎ負傷で練習合流していないため、ボランチは必然的に長谷部誠(フランクフルト)と山口蛍(セレッソ大阪)の組み合わせになる。トップ下は前回出番のなかった柴崎岳(ヘタフェ)が出ると見られる。後ろに長谷部と山口が陣取っていれば、柴崎も持ち前の攻撃センスを発揮しやすい。「相手はハイラインを保ってくる印象があったので、基本的には相手の背後を突く動きも必要になりますし、そこに出すパスも重要になる。試合に入って相手がどういうふうに入ってくるのか、どういう守備をするのかを、しっかり見極めてやる必要があると思います」と本人も狙いをしっかり定めていたが、スペイン仕込みの鋭い戦術眼を今こそ見せつけるべき時だ。

■最前線は新鮮な組み合わせに

前線3枚は、右から本田圭佑(パチューカ)、杉本健勇(C大阪)、原口元気(デュッセルドルフ)というフレッシュな陣容になる。マリ戦後半はハリルホジッチ監督の「中島に蹴れ」という指示がマイナスに作用し、効果的なビルドアップができなかったが、本田が出ていた終盤は「右サイドでゲームを作って左に展開」という形を試みようとはしていた。それを酒井高徳、山口という同じメンバーと再チャレンジできるのは、背番号4にとってもポジティブな点だろう。

「次のウクライナ戦は結果にこだわる」と本人も語気を強めていたが、自分のリズムでプレーしてくれれば、杉本や原口、柴崎も裏へ飛び出しやすくなるはず。加えて彼自身がゴールに直結する仕事をしてくれれば、チームもいい方向に進んでいく。敵将のアンドリー・シェフチェンコ監督に「本田は真のプロフェッショナル」と言わしめる男は、ピッチ上であらためて存在価値を実証するしかない。

本田・柴崎・原口という2列目は2017年9月の最終予選・サウジアラビア戦(ジェッダ)でもそろって先発出場しているが、あの時は本田と原口のコンディション不良などの連動性を欠いていた。けれども半年の時間が経過し、本田は肉体改造の成果もあってフレッシュな状態を取り戻している。原口も新天地に赴いてプレー機会を得ることに成功。脳振とうのダメージも払拭した状態だ。柴崎にしてもケガから復帰してかなりの時間がたっている。だからこそ、最終予選ラストマッチと同じ轍(てつ)を踏むことは考えられない。そうしなければ、いけないのだ。

そのサウジアラビア戦で初キャップを飾った杉本も昨年11月のブラジル(リール)・ベルギー(ブルージュ)2連戦を経験して、世界基準への理解をより深めている。彼のような190センチ近い大型FWがしっかりとターゲットになってくれれば、創造性の高い2列目トリオは確実に生きてくる。同じ92年生まれで中学時代からともに年代別代表で戦ってきた柴崎とのタテ関係も杉本にとっての追い風になるだろう。

いずれにしても、この前線4枚が機能し、攻撃陣に新たな勢いが出てくれば、悪い流れは必ず変わる。川島が「1人ひとりがロシアの23人に入るためにアピールしていかなければいけない大切な試合。それぞれが持っている力、特徴を出し切ることが大前提」と強調したように、アタッカー陣が個々の強みや武器を前面に押し出し、いい相乗効果を生み出してほしい。そのけん引役として本田圭佑にはひと際、大きな期待がかかる。

騎士サッカーでは海外代表や海外名門チームユニフォームを豊富に取り揃えています。手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。詳しくはリンクをクリックして見てください。

日本代表ハリルホジッチ監督、FIFAの取材に「アイデアはある!」

『FIFA.com』は2日、日本代表監督を務めているヴァイッド・ハリルホジッチ氏のインタビューを掲載した。

ついにワールドカップの開幕まで4か月を切り、各チームの準備も大詰めを迎えている。

4年前にはアルジェリアを率いて決勝トーナメント進出を果たしたハリルホジッチは、今回日本代表で同じミッションに挑む。

彼は夏に行われる大一番に向けて以下のように話し、頭の中には多くのアイデアがあると語ったとのこと。

ヴァイッド・ハリルホジッチ

「日本のグループはタイトだ。他のグループ全てと同じようにね。

ポーランドはFIFAランキングで7位だ。コロンビアも13位、セネガルも27位だ。

我々はそれよりも下の55位である。それが、日本が直面するチャレンジの全てを語ってくれるだろう」

「我々はこのグループの突破候補ではない。しかし、我々はポーランド、コロンビア、セネガルを相手に全力を尽くしていく。

ワールドカップではすべてが可能だ。我々はいい準備をすることが必要になるだろう。そして、あらゆる細部に注意を払う。

2014年大会でアルジェリアがあれほどうまくやるとは、誰も期待していなかった。

しかし、我々は決勝トーナメントへと進出した。ドイツに勝てそうなところまで行った。チャンピオンになったチームを相手にね。

日本は、ロシアで4年前のアルジェリアと同じような状況になるだろう。

もし同じようなパフォーマンスを見せたいのならば、正しい準備をして、それぞれの試合で目標を高く持たなければならない」

(アルジェリアでの経験は日本を助けられる?)

アルジェリア ハリルホジッチ

「その経験は私を助けている。アルジェリアでは、大会に向けて本当にいい準備が出来た。

日本でも同じことをしようとしている。あらゆるコーチがそのような経験を必要としている。同じミスを繰り返さないようにね」

(日本は2014年にコロンビアと対戦し、4-1で敗れている)

日本 コロンビア ワールドカップ

「それは幸せな記憶ではない。私は何度かその試合を見たが、同じ戦術的ミスを繰り返すとは思わない」

(日本が決勝トーナメント進出するためには?)

「全ての試合がとても戦術的なものになるだろう。私は今年からすべての対戦相手を分析してきたし、多くのアイデアが頭の中にある。

大会までのカウントダウンが始まれば、選手がどのようになっていくかわかると思うよ。

まずは日本でのトレーニングキャンプを行い、オーストリアで準備をする。ロシアに行く前にね。

3月の他、6月にも親善試合がある。その一つは日本で、あとの二つはオーストリアで行うよ」

 

 

ベテランの存在感見せた今野泰幸、勝利に安堵「勝たなくちゃいけない相手だと思っていた」

EAFF E-1サッカー選手権第2戦が12日に味の素スタジアムで行われ、日本代表と中国代表が対戦。試合は2-1で日本が勝利を収め、2連勝を飾った。MF今野泰幸(ガンバ大阪)がアンカーでのプレーを振り返った。

9日に行われた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表との試合からわずか中2日。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は7名もの先発メンバーを入れ替えて臨んだが、その中でベテランの今野はフル出場を果たした。アンカーのポジションを任され、「攻撃になっても前に行かないとか、あんまりサイドに流れないようにしてました」とゲームでの心構えを語る。

代表では長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)が務めることの多いポジションだが、「長谷部のマネをしようとは思わないし、とにかく監督の要求に応えようと。あのポジションにいろと言われたので」と気負いはなかった様子。「結構、楽しかったですよ」と泰然としていた。

若い選手が多かった今回の代表メンバーだが、「みんなも自信を持ってやってくれたし、頼もしかった」と目を細める。「今日の僕のポジションでアシストやゴールはできないと感じていた。結構スペースも空いていたし、いいパスを出せていたと思う。比較的冷静にやれたというか、しっかりつなぐことだけを意識していました」と納得顔だ。

そうした中、日本はチャンスを多く作りながらもなかなか先制点を奪えなかった。今野は「正直焦りましたよ」と苦笑い。「勝たなくちゃいけない相手だと思っていたし、0-0で終わったらサポーターの皆さんに申し訳ないと思っていた」と胸の内を明かす。

これまで日本代表ではボランチやインサイドハーフも務めてきた今野。プレーの幅を見せつけたことで代表生き残りへのアピールになったのでは、との問いには「監督に聞いてください」と素っ気なかったが、「とにかく1試合1試合だと思うし、次は韓国戦が待ってる。また強くなると思うし、分かんないっす」と、16日に控える韓国代表戦へと視線を向けていた。

日本代表 新ユニフォーム「W杯初出場」20周年記念モデル

アディダスジャパンは27日、今年がワールドカップ初出場を決めた1997年から20周年に当たることを記念し、「FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム」を発表した。

日本代表 ワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム

新ユニフォームは、1997年11月16日に行われたフランスワールドカップのアジア第3代表決定戦、いわゆる「ジョホールバルの歓喜」で選手たちが着用していた印象的なユニフォームを現代的にリデザインしたもの。

現行モデルのテクノロジーをそのままに進化を遂げたメモリアルユニフォームとなっている。

日本代表 ワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム

袖にあしらったアイコニックな「炎」のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表したもの。また、最新モデルのトレンドに合わせ、adidasの象徴と言えるスリーストライプスは脇にプリントされている。

このメモリアルユニフォームは、5月1日(月)の0:00から、2万枚限定で販売される。

日本代表 ワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム

レプリカだけでなくオーセンティックも発売されることから、実際の試合で使用されるのではないかとみられる。ただ、ワールドカップ予選はもしかしたら難しいかもしれない。

日本代表 ワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム

こちらがレプリカ。見分け方は色々あるが、パッと見で分かりやすいのは左腰部分のプリントだろう。オーセンティックは「adizero」、レプリカは「climacool」と表記されている。

価格はいずれも税別で、オーセンティックが14,000円、レプリカが8,990円(※キッズ用は6,900円)。パンツ、ソックス、GKモデルの販売は無しとのことだ。

由来やデザインから考えると、パンツのカラーは97年当時と同じ白?実際に選手たちが着用している姿が早く見たい!

www.sports-instyle.comは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください