FC東京 2015新ユニフォーム

こんにちは

ご訪問下さりありがとうございます

今日はFC東京 ユニフォームをご紹介致します

ランコ・ポポヴィッチ監督が率いた2年間を経て、FC東京は新たにマッシモ・フィッカデンティ氏を招聘。攻撃サッカーを標榜したポポヴィッチ体制が理想を追う余りやや淡泊なところがあったためか、一転して勝負強さには定評のあるイタリア人監督のもとで過ごした2014シーズン、しかしチームは前季よりも一つ下の9位という成績に終わった。

リーグでクラブ記録となる14試合無敗を記録するなど、堅さは昨季よりも目立ったが、肝心の“勝ち負け”の部分での成果は今ひとつ。1点差の試合はリーグ戦で4勝8敗と大きく負け越し、リードしながら終盤に追いつかれて引き分けた試合も少なくなかった。なお、今季のJ1ベストイレブンには、ブラジルW杯後、彗星のごとく日本代表デビューを飾った武藤嘉紀に加え、森重真人、太田宏介と、FC東京から最多の3名が選出されている。

さて、Jリーグへ加盟した1999年以降、アディダスの“三本線”が長く定着していたFC東京だが、2015シーズンに向けてアンブロ(デサント)と契約。そのファーストユニフォームが11日にお披露目された。

fc-tokyo-2015-umbro-home

FC Tokyo 2015 Umbro Home

注目のホーム(1st)ユニフォームは、クラブが16年積み重ねてきた「歴史」「イメージ」を継承するため、伝統的な青と赤のストライプを採用。

太いセンターのラインで「力強さ」、その両サイドのストライプで「俊敏さ」を表現しており、肩と脇には差し色としてエンブレムの縁にもあるゴールドを配置している。

fc-tokyo-2015-umbro-home

fc-tokyo-2015-umbro-home

FC Tokyo 2015 Umbro Goalkeeper Home

黒のGKモデルも同じテンプレートを使っており、力強いセンターのラインにより守護神としてゴールを守るキーパーの背中を後押しするとのことだ。

fc-tokyo-2015-umbro-home

騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください